清涼感のある香り「ペパーミント」の精油としての使い方・効果は?

ペパーミントは、ミントポリフェノールの含有量が豊富で、ハーブティーや精油に多く用いられています。
様々な用途やシーンで効果的な使い方があります。
精油に加工される際は、ペパーミントの「葉」を水蒸気で蒸留抽出することで生成されます。

 

主な効果は、殺菌作用と抗菌作用に著しく優れています。
数あるミントの中でもペパーミントは、菌を寄せ付けない効果と殺菌してくれる作用があることで有名ですが、精油にした場合は更に密度が増し、素晴らしい効き目を果たすことで鼻づまりや呼吸器官の粘膜などの予防や治療に使うことができます。
温度が低めのぬるま湯や、ティッシュペーパーや薄いコットン素材の上に精油を数滴垂らして蒸気で吸入するするというのが一般的な使い方です。

 

精油の使い方に関しては呼吸器官の予防や治療に役立つだけでなく、スポンジや薄い布などに精油を垂らして部屋の床に置くとゴキブリやネズミ、アリやハエなどの害虫予防に非常に高い効果を発揮します。
また、ペパーミントは精油に限らず、ハーブティーとして有名です。

 

ハーブティーに用いられるミント類の中でも、「ペパーミントティー」は優れた殺菌作用と清涼感が人気で、脂っこい食事の後に飲むと消化が促進される上に胃もたれを防ぐ整腸作用があるハーブティーとして有名です。
このように、消化不良や身体の老廃物を排出するデトックス効果の他に、気分を爽快にする作用もあるハーブティーから、精油では呼吸器官の殺菌予防や害虫対策にも使える万能なペパーミントですが、ペパーミントには他のミント類より多くのミントポリフェノールが含有されていることが知られています。
ミントポリフェノールとは、ポリフェノールの一種で、有効成分の1つです。

 

このミントポリフェノールという成分がペパーミントには非常に多く含まれているので、鼻の粘膜の腫れを抑える効能や消化促進、デトックス効果や害虫予防にも役立つことが明らかにされています。
ハーブティーとしても消化促進効果があるのは、高濃度なミントポリフェノールのおかげです。